劇作家・演出家

1988年生まれ / 東京都出身

ゴーチ・ブラザーズ所属

明治大学文学部卒。2011年、第8回明治大学シェイクスピアプロジェクト『冬物語』で演出を務めたことを機に、同企画を監修した横内謙介氏に師事。劇団扉座の演出助手、市民劇や研修所公演の創作に関わる。

2014年からフリーの演出助手として活動する一方、2017年、下北沢演劇祭の若手支援企画「下北ウェーブ2018」選出を機に、自身の作品を創作する団体「東京夜光」を設立。

東京夜光の全作品の作・演出を担当するほか、外部作品にも積極的に参加し、近年の主な作品は『MUDLARKS』(演出/下北沢スズナリ)、『アンビリーバボー』 (脚本/東京グローブ座、他)、『俺たちのBANG!!!』(作・演出/新橋演舞場、他)、『ケイ×ヤク』(脚本・演出/シアターミクサ)などがある。

主な脚本・演出

・東京夜光の全作品の作・演出

・明治大学シェイクスピアプロジェクト『冬物語』演出(2011)

・日本劇作家協会「6月の月いちリーディング」選出(2016)

・NHK第43回創作テレビドラマ大賞ファイナリスト(2018)

・ゴーチ×東京夜光『いとしの儚』  (作:横内謙介)(ザ・スズナリ 2021)(演出)

・GORCH BROTHERS2.1『MUDLARKS』(下北沢スズナリ2022)(演出)

・東京グローブ座『アンビリーバボー』(東京グローブ座、他 2023)(脚本・演出補)

・新橋演舞場『俺たちのBANG!!!』(新橋演舞場、他 2023)(作・演出)

・朗読劇『ルビンの壺が割れた』(紀伊國屋サザンシアター 2023)(演出)

・CONTEMPORARY STAGE『ケイ×ヤク』(シアターミクサ 2023)(脚本・演出)

・ダークホラーファンタジー『Grave Keepers』(シアターミクサ 2023)(脚本・演出)

▷主な演出助手・構成補佐等

・劇団扉座第 50〜54 回公演『つか版・忠臣蔵』『バイトショウ』など(2012〜2013)

(紀伊國屋ホール、座・高円寺、すみだパークスタジオ倉、など)(演出助手)

・横内謙介総合演出作品のオムニバス作品の脚本・演出を担当(2012〜2014)

 ・扉座サテライト公演『LOVE LOVE LOVE』15〜17

 ・あつぎ舞台アカデミー『ドリームドリームドリーム』season2及び3

 ・美浜文化ホール市民劇『千葉魂』及び『千葉魂Ⅱ』

・時々自動『ffffffffffffffffffffffff生まれて初めて出すフォルテ』(2014)(主宰:朝比奈尚行 せんがわ劇場)(構成補佐も)

・東京グローブ座『フレンドー今夜此処での一と殷盛りー』(作・演出:横内謙介)(2014)

・東京グローブ座『グレート・ネイチャー』(作・演出:松村武)(2015)

・ゴーチ・ブラザーズ『イヌの日』(作:長塚圭史 演出:松居大悟 ザ・スズナリ)(2016)

・ネルケプランニング『トリスタンとイゾルデ』(演出:アレクサンドラ・ルター 青山DDDクロスシアター)(2017)

・ジョナサン・マンビー、リチャード・トワイマンW Sアシスタント(2017)

・映画『アイスと雨音』(監督:松居大悟)(2018年公開)

・テレビマンユニオン『家族熱』(作:向田邦子 演出:合津直枝 東京芸術劇場シアターウエスト 他)(2018)

・J-wave×ゴジゲン『みみばしる』(作・演出:松居大悟 本多劇場 他)(2019)(文芸助手も)

・東京グローブ座『僕らAぇ!groupって言いますねん』(演出:横山裕)(2019)

・ジョナサン・マンビーW Sアシスタント(2019)

・MMJ『魔法使いの嫁』(演出:高羽彩 あうるすぽっと)(2019)

・東京グローブ座『青木さん家の奥さん』(作:内藤裕敬 演出:横山裕)(2020)(演出補佐)

・KAAT『人類史』(作・演出:谷賢一)(2020)(稽古場サポート)

・東京グローブ座『青木さん家の奥さん』(作:内藤裕敬 演出:横山裕)(2021)(演出補佐)

・PARCO『Birdland』(作:サイモン・スティーブンス 演出:松居大悟 PARCO劇場 他)(2021)

・新国立劇場『イロアセル』(作・演出:倉持裕 新国立劇場小劇場)(2021)

・シアターコクーン『みんな我が子』(作:アーサー・ミラー 演出:リンゼイ・ポズナー)(2022)

・東京グローブ座『ガチでネバーエンディングなストーリぃ!』(作・演出:諏訪雅)(2022)

・トータルステージプロデュース『カスパー』(演出:ウィル・タケット 東京芸術劇場シアターイースト、他)(2023)